洗練。

エルメスやグッチのようなヨーロッパ メゾンのバッグや靴なども、まだ並行輸入の時代。
当時19歳のわたしは、六本木の輸入雑貨を扱う会社でアルバイトをしていた。
ある日銀座メルサにヴィトンのロールとボストンを納品に行く社有-ドイツ-車の中、交差点の反対側で信号待ちをしているちょっと目立ってカッコいい女の子を、運転席の社員の先輩が指差し、
「レノマのバッグを左腕で挟んで、髪かきあげてさ」
日焼けした肌に、限りなく白に近いパールピンクのルージュがよく似合う。ハイウエストで膝から下が大胆なフレアの、これまた限りなく白に脱色されたブルージーンズ履いている。
「モデルさんですかね」というわたしの返事を無視して、
「あの子もあと5年くらいしたらさ、ミラショーンのバッグ持って、バルマンのブラウスとか着るんだよ」
スモーキーグレーの絹地に淡いブルーやピンクの花々が繊細に描かれたグッチの細いネクタイをした彼の、
「結局行き着くところは、エレガンスなんだよな」
が、なぜかショッキングに響いて、今でも耳に残っている。

その頃の記憶は殆ど曖昧なのに、この短いやりとりやヴィジュアルだけは鮮明に蘇る。あの時の先輩が、どのくらい意味を持って言っていたかは計り知れないけれど、お洒落な人がより洗練されると「エレガンスに行至る」理由をずっと考えていた気がする。

エレガンス = 優雅、気品、典雅、品格。

歳を経るにつれ、ただの、白人仕様のエレガンスはつまらないと感じるようになってきた。
本物のエレガンスとは、究極の他者への思いやりなのだろうが、世界共通、民族を超えた優雅とは、誰の目にも美しく、はっとさせられる魅力のことではないか。
どんなに理解に苦しむセンスの言動をする人々の国であったとしても、公式行事とか民族の舞踊をライブで鑑賞すると圧倒されるように、その人の価値観が生んだ美、灼熱の太陽と環境が創り出した花の「複雑な形や色」の如く、プリミティブな完成度に戻っていく。
「プリミティブに完成する」と言っても野生に帰るのではなく、いちいち神聖な存在に気づき、いちいち大事に想い、いちいち感謝して、そして自身の資質をいちいち磨くことで、

洗練とは、プリミティブな個性美を限界まで押し伸ばすことではないだろうか。「それぞれの楽しみ」で「他者に違う価値観を楽しませる」プレゼンテーションに違いないと。

広告

ポーランドからの手紙。

友人の堺玲子さんのおかげで、最近、ポーランド人の知り合いが一気に増えた。先日は、イタリアやフランスでも活躍しているプロダクトデザイナーのアーシャが、東京都のアートプログラムの招待で 一ヶ月間東京に滞在し、濃い数週間を一緒に過ごした。
アーシャの視点、興味、思考回路全てが刺激的で嬉しくて、独特の感性に引きずられる日々は、非日常、異次元へワープしたよう・・。

堺玲子さんの人生において、彼女の無意識な”理想”がもたらす現象。わたしのストリームにも繰り広げられる、思いがけない特別な成り行きや未知のコンセプトに触れる機会。その豊かな “余波” が、

もっともっと自由に、夢を追いかける集中力と臨場感を呼び起こし、皮膚感覚を伴って じわじわと浸透してくる。

 

写真は、堺玲子さんの作った、ビーツのスープ。ナチュラルなヴィヴィッド レッドが美しい。偶然にもアーシャの手土産もビーツの水煮。(笑)
ビーツは最近日本でも手に入るようになったらしい。夏から秋の収穫。

女心と秋の空。

抜けきらない湿度を残しながらも、朝、爽やかな青空と日差し。
正午、気がつけば、空をびっしり覆うグレーのグラデーション。地上では風も感じなかったのに、上空の隠された自然現象、ドラスティカリーな変化に驚かされる。

女心と秋の空。

久しぶりに脳裏に浮かび、鼻で笑ってしまう。
女の心が変わるのは、自然現象と同等のリーズナブルな成因があったんだ!
ホルモン変化やストレスの影響は自律神経を狂わし、(後から考えると自身も驚かされる)無意識な自己防衛言動を発して、思いもよらない結果を招くことがあるけれど、言わば生体反応の範囲、自然の節理なんだと気づく。

それに加えて。女は、感情を蓄積する。
(自覚の有無も含め)不快だとか嫌だと感じたことを木の年輪のように S A V E し続け、或る日突然、直感がレッドカードを出してくる。男の場合は、イエローカードも指し示してくるので分かりやすいのだけれど、女はいきなりレッド。退場を余儀なくする!
上空で密かに大変化を起こしている、気象現象と同じなのだ。

男が作り出した社会で働く。心身ともに健康で、(結婚して、もしかしたら子育てもして)何があっても自分自身でいるためには、まず、毎日少しだけでも好きなことをする時間を持つことじゃないか、って思う。料理、掃除、ヨガ、読書、畑づくり、ガーデニング、水泳、ジョギング、英会話。無になれて心の中に深く潜って行くような。
好きなものを食べるとかお酒を飲むとかゲームをするとか、現実逃避ということではなく。